スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼港事件の現場を訪ねて その4  尼港守備隊兵舎 

 尼港事件は、何故、起きてしまったのでしょうか。
 歴史の裏に隠された真実とは・・・。


1918年(大正7)8月から始まった連合国のシベリア出兵。

もともとはロシア革命に対する干渉、出来れば革命を失敗に終わらせたいとする連合国の思惑が働いていました。

もちろん、アメリカにとってはチェコ軍の救済という名目もありましたが・・・。

それでは日本の場合はどうなのか。アメリカからの誘いを良いことに、

シベリアに大軍を出兵させた日本政府。

その背景には、ロシア沿海州での傀儡政権樹立という領土的野心が見え隠れしていました。

8月に干渉軍がウラジオストックに集結すると、
日本軍は早くも9月に単独行動で尼港を占領してしまいます。

軍事拠点としての評価が高かったのでしょう。

ウラジオストックの景色
         ウラジオストック港を望む


当時、尼港(ニコラエフスク)には400人近い日本人居留民が生活していました。

日本帝国領事館を設置し、ロシア沿海州の中心地にしようとする日本政府。
定航船(小樽〜尼港)まで導入して交流を図りました。


尼港山頂からの写真
           尼港市街全景を望む

尼港を占領した日本軍は、さっそく守備隊と海軍電信隊に351人を配置します。
もともとの居留民は383人。
1920年(大正9)1月の時点で、734人の邦人が尼港に滞在していました。

尼港守備隊が駐屯していたレンガ造りの兵舎が、今でもその雄姿を残しています。

尼港 守備隊兵舎その1
              尼港守備隊兵舎跡


(これが尼港守備隊の兵舎か・・・まるで当時のままだ)

何やら、胸に迫るものが・・・。

車から降り、私は兵舎跡の写真を撮り始めました。

そして、5分ほどたった頃でしょうか、
玄関前にいた元館長の娘、エレーナさんが急に大声を上げたのです。
どうしたんだろうと思って近づいていくと、 今度はイーゴリーが驚いた様子で、

「中に誰か人がいますよ。あッ!こっちを向きました」

おっかなびっくり、私も覗いてみると、
くしゃくしゃの顔した老人がもの凄い形相でこっちを睨んでいるじゃありませんか。

まるで「オペラ座の怪人」だ。

尼港 守備隊兵舎その2
               尼港守備隊兵舎跡


(これはまずい)

と、思った瞬間、

大柄で毛むくじゃらの怪人がドアを開けて飛び出してきたのです。
迫力ある怒鳴り声で。(ロシア語ですから意味は不明ですが)

ソーニャ元館長、そしてエレーナさんも急いで車の方へ駆け出しました。

イーゴリーも逃げの一手。

(おい!私を置いていくのか!お前たち、そりゃないだろ〜〜〜!)

ファントムに追いかけられる私たち(笑)

車に逃げ込むように乗って立ち去りましたが、本来は倉庫のはずなのに、

誰か住み着いてしまったんですね。

それにしてもあの形相は恐ろしかった。

尼港の町並み
              ニコラエフスクの現在の住居

建物は当時の歴史を物語っていますが、ファントム・オブ・ザ・ニコウにはお気をつけを・・・。


これから遊郭跡へ・・・。




大日本帝国の轍 土方 聡 ひじかたそう


大日本帝国の轍ホームページはこちら


Copyright©大日本帝国の轍.com All Right Reserved.

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひじかた そう

Author:ひじかた そう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。