スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尼港事件の現場を訪ねて 悲劇の尼港監獄 2

トレピーチン一党が尼港を包囲したのは1月の中旬でした。


それから3ヵ月に及ぶ死闘の末、

尼港の町は廃墟と化してしまいました。

3ヵ月間で2500人以上の白系ロシア人が虐殺され、

邦人の死者も600人以上に上りました。

残った邦人は獄舎に収監されている
132名だけ。

その日本人獄舎にも魔の手は
容赦なく迫っていました。


そして5月24日

ついに獄舎から引きずり出された邦人たち。

そこで彼らに待っていたものは・・・。

赤軍パルチザンは獄舎では殺さず、まずは半殺しに・・・。

そしてアムール川河畔でサーベルで刺し殺したのです。 


当時のニコラエフスク

     当時の監獄 (現在はニコラエフスク拘置所) 

                                
現在のアムール湖畔

           現在のアムール河畔                                             

四方から聞こえてくるる悲鳴、悲痛な叫びは町全体を包み込みます。

「助けて!」

と泣きじゃくる女性や、逃げ惑う邦人を追いかける赤軍兵士。


あたりは地獄絵図へと変貌し、

そして、邦人は皆殺しの運命に・・・

ここで赤軍パルチザンは、町を破壊する行動に出ました。

トレピーチンは逃げなければならない。

日本の派遣隊が近づいているし、

こんな虐殺を新たに樹立された革命政府も容認するはずがないからだ。

トレピーチンは焦った。

「全員、ケルビに向かうぞ!」

それは退却の合図でした。

ケルビは尼港から350キロ西へ行ったところの小さな町。

尼港とケルビの地図

            尼港とケルビの地図


日本の派遣隊は過酷な状況を乗り越え、少しでも早く尼港へと全力で進んでいました 。

「もう少しで尼港に上陸だ!」

尼港派遣隊の声が聞こえました。


第7師団、多聞大佐が尼港に上陸したのは6月3日のことでした。

続いてアムール川を下ってきたハバロフスク派遣隊も5日遅れで到着。


アムール川の河口を望む

          アムール川の河口を望む 

                                          
上陸した派遣隊が尼港の町で見たものは・・・。

それは想像を絶する光景でした。

あたりは瓦礫の山、おびただしい死体の山。

これを地獄絵と言わず何と表現すればよいのか。

最大の悲劇は、日本人が収監されていた獄舎に派遣隊が入ったときのことでした。

壁に書かれた血みどろの文字。 

死ぬ直前、収監者の誰かが書いたと思われる最期のメッセージです。

「大正9年5月24日午後12時を忘れるな!」

同胞たちの死を目のあたりにする派遣隊員の悔しさは、

とうてい言葉に表現できるものではありませんでした。

1人の将兵が嗚咽交じりに、
                                         

「もう少し、早くに来てあげることができれば・・・」


それは、兵士全員の気持ちでした。

派遣隊一人一人に無念の涙が溢れていました。

イーゴリーは監獄の前に立ち、憤る表情で、


「こうやって当時を振り返ると、亡くなった人たちの悲痛が聞こえてくるようです」

続いてソーニャ元館長が、

「廃墟となった尼港の町には7人の生存者がいましたが、中国人が4人とアメリカ人が1人。
あとはロシア人の牧師が2人でした。
残念ながら日本人の生存者はいなかったんです」


尼港事件の全容を知ったイーゴリーは唇を噛みしめた。

「冬の閉ざされた尼港で4000人の無頼漢たちに囲まれたんじゃ、

所詮、日本側に勝ち目はないですよ。

革命の状況を考えれば、もう少し守備隊人数を

充実させておく必要があったんじゃないですか」                                


破壊された尼港の町

    破壊された尼港の町(ニコラエフスク資料館所蔵)


尼港にいた日本人居留民は守備隊を合わせて734名でした。

しかし、この事件で全滅。

日本政府は、発足したばかりの革命政府に補償の要求をしますが、

革命政府は係わっていないの一点張り。

最後まで赤軍パルチザンとの関係を全面否定したのです。

果たして、
尼港事件の結末はどうなったのでしょうか。







大日本帝国の轍 土方 聡 ひじかたそう


大日本帝国の轍ホームページはこちら


Copyright©大日本帝国の轍.com All Right Reserved.


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ひじかた そう

Author:ひじかた そう
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。